松下です。

今日は「Neoノンバトルアフィリエイト」についてです。


「Neoノンバトルアフィリエイト」は情報商材の業界において、
かなりのロングセラー商品と言えると思います。


ここまで長い間売れ続けていると、

・良い評価
・悪い評価

が出てくるわけですが、
その評価を踏まえて私なりの見解をお話したいと思います。


「Neoノンバトルアフィリエイト」レビュー


販売会社   有限会社デターミネーション
運営責任者 藤岡国明


「Neoノンバトルアフィリエイト」の
具体的なやり方というのは、
”新商品の商品名キーワードで特化型のサイトを作っていく”という、
物販アフィリエイトのノウハウになります。


過去にアフィリエイトで挫折してしまった方、
今現在アフィリエイトをしているがまったく稼げていない方、
これからアフィリエイトを始めたい方、


そんなアフィリエイト初心者や、
アフィリエイト挫折者に評判が良いのが、
この「Neoノンバトルアフィリエイト」なんです。


「Neoノンバトルアフィリエイト」で多い肯定意見


そんな「Neoノンバトルアフィリエイト」の評価の良さを掘り下げていくと、

・さほど文章力が無くても良い
・新商品を探すだけなので商品選定が比較的楽
・やることが単純


要するに、新商品の商品名でブログやサイトを量産していけば、
どれかのブログやサイトで売れるので、
アフィリエイト初心者・挫折者には良いだろうというのが、
「Neoノンバトルアフィリエイト」をお勧めしている理由のようですね。


では逆に「Neoノンバトルアフィリエイト」を批判しているブログでは、
どんな意見があるのか取上げてみたいと思います。

「Neoノンバトルアフィリエイト」で多い批判意見


・昔ほどブログの量産が出来ない(規制が掛かっている)
・作業量が膨大過ぎる
・飽和はしないがブログの寿命は短い
・今のGoogleの方針にそぐわない


とこんなところかと思います。


昔は、Seesaaなんかでは100個のブログを作ることが出来たわけですが、
今では最大で5個となっていますし、
他にも、私が使っているFC2ブログも、
1日1個までと規制が掛かっています。


要するにまとめると、
「ブログを量産するような時代では無くなった」

というのが批判意見のまとめですね。


昔は、100個200個量産しても、
Googleから評価され上位表示されましたが、
今ではブログの量産はスパムサイト扱いにされる恐れがあるため、
推奨していないアフィリエイターも多いです。


実際に、私の知っているアフィリエイターさんでも、
ブログを量産している人はいません。
(そもそも物販アフィリエイトをやっていないです)


ですので、

「Neoノンバトルアフィリエイト」は
Googleがブログの量産を評価しない以上、今の時代にそぐわない内容


と言えます。


今現在稼いでいるアフィリエイターも、
物販アフィリエイトから情報商材アフィリエイトにシフトチェンジした傾向にあることから、


月に100個も200個もブログを量産する、
物販アフィリエイトよりも、
せいぜい2個くらいのブログで済み、
尚且つブログの寿命が無いと言える、
情報商材アフィリエイトの効率の良さ
に気が付いたんですね。


こちらの記事でも詳しく話してますが、
情報商材アフィリエイトの効率の良さは、
本当にズバ抜けていると思います。


>「なぜ、情報商材アフィリエイトは効率が良いと言えるのか?」


情報商材アフィリエイトブログの運営の楽さを知ってしまったら、
ブログを量産する物販アフィリエイトなんて絶対やらないですからね(笑)


現に、「Neoノンバトルアフィリエイト」の販売者の藤岡国明さんも、
物販アフィリエイトをお勧めしながらも、
こうやって情報商材として販売しているわけですので、

物販と情報商材はどっちがかせげるのか?

という答えはもはや言うまでも無く分かると思います。



今回は、「Neoノンバトルアフィリエイト」の肯定意見・批判意見と、
私の見解についてでした。


それではまた。


松下


松下とは一体何者なのか?


>松下のプロフィール


松下賢治へのお問合せ


・ネットビジネスは何から始めたら良いのか教えて欲しい。
・とにかく初月から稼げるビジネスを教えて欲しい。
・月に3万~5万でも良いから稼ぐ方法を教えて欲しい。
・〇〇〇という商材について教えて欲しい。
など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


>松下へお問合せする


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。


>ネットビジネス無料講座一覧

関連記事

◆◇◆「ネットビジネス初心者は何をすれば良いのか?ってお話しです。」◆◇◆

 タグ
None