松下です。


「在宅中国貿易」
という中国輸入転売のオファーがきましたので、早速レビューしたいと思います。


「在宅中国貿易」(鈴木正行) レビュー


販売者 鈴木正行


中国から輸入する転売のノウハウというのは、

”ほぼ出尽くしている”

というのが私の見解です。


中国輸入となると、
Alibaba・タオバオ・Aliexpressのいずれかのサイトで仕入れをして、
FBA(アマゾン倉庫)で商品を預けて、
転売するという流れになるかと思います。


そんな中国輸入転売に対して、

「割りに合わないなぁ」

と思うわけですが、


その辺りのお話は、
こちらの記事で説明していますので、
是非読んで見てください。


>中国輸入転売は割りに合わないと思う理由


鈴木正行さんの「在宅中国貿易」は稼げるのか?稼げないのか?


鈴木正行さんの「在宅中国貿易」に気になったということは、

「結局、稼げるのか?稼げないのか?」

ここが一番気になっているかと思います。


転売をやる以上、
ましてや輸入転売ですから、
ある程度のリスクは覚悟の上。


まずは、

本当に稼げるのか知りたい。


そんな風に思っている方も、
中にはいらっしゃるはずです。


で肝心の、

稼げるのか?

という問いについてですが、

「いくら稼げたら満足なのか?」

に尽きると思います。


どんなビジネスにせよ、
ビジネスである以上稼げないものはないというのが、
私の考え方であり、


結局のところ、

労力に対しての対価

を重要視するべきだと思います。


少なくとも私は、
その労力に対しての対価に重きを置いていますので、


その私の価値観から言わせて頂くと、


「中国輸入転売は稼げない」


という結論になりますね。


ですが、

「商品のリサーチとライバル対策をして、
月に数万円でも稼げるなら御の字」

ということであれば、


中国輸入転売は、
稼げるという部類に入るかと思います。


要するに、
「稼ぎの桁」の違いですね。


私としては、
その「稼ぎの桁」を見ると、
どうしても中国輸入転売は旨味が無いと思ってしまいます。


現に、鈴木正行さんのように、
転売系のセミナーの講師を務めている人たちは、

転売をやっているよりセミナー講師の方が楽に稼げるから

ですからね。


転売の方が楽に稼げるなら、
セミナー講師はやらないはずです。



それでもどうしても転売をやりたりなら、
リスク無く且つ、
利益率の高いビジネスの方が良いかと思いますので、


>圧倒的に利益率が高い転売ビジネス

か、

>値を意図的に吊り上げて転売するビジネス


これらの方が、
作業効率と利益が、
みあっていると思いますね。


興味があれば、
鈴木正行さんの「在宅中国貿易」と、
是非見比べて見てください。


>圧倒的に利益率が高い転売ビジネス

>値を意図的に吊り上げて転売するビジネス


今回は、
鈴木正行さんの「在宅中国貿易」のレビューでした。


それではまた。


松下


松下賢治へのお問合せ


・ネットビジネスは何から始めたら良いのか教えて欲しい。
・とにかく初月から稼げるビジネスを教えて欲しい。
・月に3万~5万でも良いから稼ぐ方法を教えて欲しい。
・〇〇〇という商材について教えて欲しい。
など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


>松下へお問合せする


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。


>ネットビジネス無料講座一覧


>160万相当のメールマガジン





関連記事

◆◇◆「ネットビジネス初心者は何をすれば良いのか?ってお話しです。」◆◇◆