松下です。


インフォトッブにて、
高額の物販商材がランキング入りしていましたので、早速レビューしたいと思います。

「物販スクールBONITO」(有澤和哉)  レビュー


販売社名 合同会社Watty
運営統括責任者 有澤和哉
所在地 神奈川県川崎市川崎区小田5-10-23-202
電話番号 03-6841-0678


有澤和哉さんの「物販スクールBONITO」は、
海外の商品を無在庫で出品して稼ぐという、
無在庫輸入転売です。


やり方は、
海外の商品を「ツール」を使ってリサーチをするわけですが、
数万~数十万点の商品を、
ものの数十分でリサーチ出来るようですね。


「これは便利なツールだ!」

と思ってしまう方も中にもいるかも知れませんが、


この有澤和哉さんの「物販スクールBONITO」は、
重大な欠点があります。



有澤和哉「物販スクールBONITO」の重大な欠点


まず、
商品をツールでリサーチするわけですが、
これはツールでやる以上、

「物販スクールBONITO」の購入者は全員同じ結果になる

わけです。



つまり、
「物販スクールBONITO」の購入者全員がライバルになる
というわけですね。


そこは、
数万点~数十万点の商品を出品するから、
ライバルにはならないという主張をするかと思いますが、


そもそも、
そのリサーチ結果の中にも、
売れる商品と売れない商品があるわけです。


ですので、
必然的に売れる商品だけを、
取り扱っていくことになりますので、


そこで、
「物販スクールBONITO」の購入者同士で、
価格競争が始まるのは明らかなわけです。


要するに、
値下げ合戦ですね。


そうなってしまえば、
当然薄利多売ビジネスになるわけで、
例えパートを雇ったとしても、
旨味があるとは私は思えませんね。


しかも、
もしもこの方法で本当に稼げるのであれば、
有澤和哉さんも、
ただライバルを増やすだけですので、


この「物販スクールBONITO」を公表するメリットがあるとすれば、


「物販スクールBONITO」を販売して稼ごうとしている


という狙いなのだと、
私は思っています。


この時点で、
私は購入する気には全くなれないのですが、
さらに追い打ちを掛けるように、
有澤和哉さんの「物販スクールBONITO」にはまだ欠点があるんです。


「物販スクールBONITO」の重大な欠点 「無在庫輸入転売のリスク」


販売側は、
商品を確認することなく、
お客様に商品が届くわけですが、
無在庫輸入転売ではよくありがちのリスクを明かしてないんです。


海外からの輸入の際に、
よくあるリスクをあげると、

・頼んだ商品と違っていたものが届けられた
・商品を仕入れしようとしたら値上がりしていた
・商品が粗悪な物でクレームがきた
・商品を仕入れようとしたら売り切れていた


これが海外からの輸入における、
無在庫輸入転売のリスクなのです。


これらのリスクを、
有澤和哉さんの「物販スクールBONITO」では説明していませんので、


裏を返せば、
「物販スクールBONITO」では、

・頼んだ商品と違っていたものが届けられた
・商品を仕入れしようとしたら値上がりしていた
・商品が粗悪な物でクレームがきた
・商品を仕入れようとしたら売り切れていた


これらのリスクを払拭出来ていないと言えるわけです。


もしも、
これらのリスクを払拭出来るのであれば、
それを強みとして、
セールスレターに載せるはずですので、


載せていないということは、
これらのリスク回避は出来ていないと私は判断しました。


よって、
有澤和哉さんの「物販スクールBONITO」は、
私はお勧めしませんね。


まあ、私の個人的な考え方ですので、
参考になれば幸いです。


あと、
もしも転売がやりたいのであれば、
転売の欠点を逆手にとった

>無料教材「次世代せどり転売メソッド」

がお勧めですね。

無料ですので、
是非一度読んでみて下さい。


今回は、
有澤和哉さんの「物販スクールBONITO」のレビューでした。


それではまた。


松下


>無料ネットビジネス講座
(こちらのブログでは“メルマガ登録フォーム”もあります)



松下賢治へのお問合せ


・ネットビジネスは何から始めたら良いのか教えて欲しい。
・とにかく初月から稼げるビジネスを教えて欲しい。
・月に3万~5万でも良いから稼ぐ方法を教えて欲しい。
・〇〇〇という商材について教えて欲しい。
など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


>松下へお問合せする


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。
関連記事

◆◇◆「ネットビジネス初心者は何をすれば良いのか?ってお話しです。」◆◇◆