松下です。

今回は、
カメラ転売に特化した商材が、
またもや出てきていましたので、
早速取り上げてみたいと思います。


「お宝カメラ・レンズの3つのリストセット(880リスト) 2016年夏版」


販売者  喜多良助


転売ビジネスには、
リアルビジネスの大手会社が、
ライバルになっているということが実はあります。


例えば、
今回の
「お宝カメラ・レンズの3つのリストセット(880リスト) 2016年夏版」
のように、


カメラ転売に特化したビジネスが、
まさにそれに当たります。


カメラの大手会社といえば、
「カメラのキタムラ」がそうだと言えますね。


カメラ転売の致命的欠点


カメラ転売をするなら、
大手会社を相手にビジネスをしなければならないという、
致命的な欠点があるのです。


大手会社である
カメラのキタムラは、
「カメラのキタムラ オークション店」
(株式会社 キタムラ)


という、部署があり
ヤフオクなどで中古カメラを販売しています。


落札者からしてみれば、
「カメラのキタムラ」には、
ネームバリューと信頼感がありますので、


まったく面識の無い出品者より、
「カメラのキタムラ」から購入するというのは、
当然の判断だと言えるわけです。


そんな大手会社がいる市場に、わざわざ参入するというのは無謀


だと私は思いますね。


一眼レフカメラ離れ


今や、スマホのカメラの性能が格段に上がってきていることから、
今後、一眼レフカメラを手放す人や、
もともと、一眼レフカメラに興味がないという層が増えてくると私は思っています。


あくまでも、
私の推測の域に過ぎませんが、


現に、デジカメが主流になって、
フィルム会社が倒産し、


スマホのカメラが主流になり、
デジカメ離れというのも、
今始まったことではないです。


ですので、
今後もスマホのカメラの性能は、
ますます上がりますので、


一眼レフカメラ離れも、
時間の問題だと思うわけです。


喜多良助さんをはじめ、
カメラ転売ノウハウを販売している人たちは、


すでに、一眼レフカメラ離れの兆候を、
すでに感じていて、


稼げなくなる前に、
ノウハウを売ってしまおうと、
考えているかも知れませんね。


いずれにしても、
今の時代にそぐわないビジネスだと私は思います。


転売ビジネスで独立を目指したいあなたへ


もしもあなたが、

「転売ビジネスで独立を目指したい。」

そう思っているのなら、
こちらの記事を参考にしてみて下さい。


>「利益率が圧倒的に高い転売ビジネス」について


このビジネスの真相を知ってしまうと、
恐らくは転売に対する考え方が180度変わると思います。


今回は、喜多良助さんの
「お宝カメラ・レンズの3つのリストセット(880リスト) 2016年夏版」のレビューでした。


それではまた。


松下。


無料講座 一覧


私、松下のブログ・メルマガでは、
ネットビジネス講座を”無料で”公開していますので、
参考程度にでもご覧頂ければ幸いです。

アフィリエイト講座一覧

ネットビジネス総合講座一覧

松下賢治へのお問合せ


・情報商材のレビュー依頼
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。


>松下へお問合せする

松下流“無料メルマガ講座”


私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
惜しみなくお送りするメールマガジン。

松下流“無料メルマガ講座”はこちら。(160707)


関連記事