松下です。


今回は、広告配信(インターネットWEB広告)について
フォーカスしたいと思います。


「インターネット広告」で行う集客方法




まず、インターネット広告を大きく分けると、
「リスティング広告(検索連動型広告)」と
「ディスプレイ広告(各社提携サイト配信型広告)」があります。


代表的なものをあげると、
リスティング広告のYahooスポンサードサーチ、Google AdWords(アドワーズ)
ディスプレイ広告のYDN(Yahoo)、GDN(Google)等です。


PPC広告とリスティング広告は別物。




ちなみに、「リスティング広告」の事を
「PPC広告」と呼んでいる方もいますが、厳密には違います。


PPC(Pay Per Click ペイパークリック)とは、
掲載自体にはコストが掛からず、
広告がクリックされた回数分だけ費用が発生する、
クリック課金型広告の事を「PPC」といいます。


つまり、PPCは課金方法の名称だということです。
PPC広告と呼ばれるものは、クリック課金型の
広告全般の事をいいます。



リスティング広告 = PPC

リスティング広告は、クリック課金型である。
となりますが、


PPC ≠ リスティング広告

クリック課金型は、リスティング広告である。
とはなりません。


日本語がおかしくなりますよね?


「PPC」と「リスティング広告」、
間違って覚えないで下さい。


「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」




話を戻しまして、
「リスティング広告(検索連動型広告)」
「ディスプレイ広告(各社提携サイト配信型広告)」とそれぞれ説明していきます。


リスティング広告(検索連動型広告)とは
検索した後の検索結果のウェブページに掲載される
「テキスト広告」の事です。


例えば、検索エンジンで「アフィリエイト」と検索したら、
検索結果ページの上位や右側に
アフィリエイト関連の広告が掲載されます。


あれが、リスティング広告です。


特徴としては、
特定のキーワードに対して、関連性の高い広告を検索結果ページに配信します。
そして何より、検索結果ページに配信するので「即効性」があります。


ただ、検索結果ページにしか配信しないため、
当然ですが検索をしたユーザーにしか広告を配信しません。


リスティング広告とは要するに、
GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果ページに、
検索されたキーワードで上位表示させる広告というわけです。

日本では主に、こちらの2つが有名です。

Yahooスポンサードサーチ 

Google AdWords(アドワーズ)


違いをあげるとすれば、


「Yahooスポンサードサーチ」は、
日本国内にのみ広告掲載。


「Google AdWords(アドワーズ)」は、
海外にも広告掲載できます。


対して


ディスプレイ広告とは
各社で提携している「パートナーサイト」へ広告を配信するサービスです。
したがって、YahooとGoogleでは必然的に効果が違う事になります。


「ディスプレイ広告」 YDN と GDNとは?



では次に、YDN(Yahoo)とGDN(Google)の違いを
簡単にご説明します。


YDNとは、
Yahooディスプレイアドネットワークの略称で
YahooJAPANと提携サイトのウェブサイトに掲載される
「ディスプレイ広告」の事をいいます。

例えば、Yahoo ニュースを見ていると、
過去に自分が検索した内容に関連する広告や、
自分に興味ありそうな物が表示されますよね?


あれが、YDNです。


Yahooの提携パートナーサイトは、

  • allabout

  • NAVER

  • So-net

  • COOKPAD

等があります。



特徴としては、


  • ・登録キーワードで検索したことのあるユーザーに配信します。

  • ・ユーザーの属性・地域を絞って広告を配信します。

  • ・一度サイトに訪れたユーザーに対してさまざまな条件をつけて広告を配信します。



そして、
GDNとは
Googleディスプレイネットワークの略称で、
YDNのGoogle版のようなものです。


違いをあげるとすれば、広告掲載サイトが
YDNの場合は、Yahoo関連サイトが中心に対して、
GDNの場合は、ポータルサイトやブログサイトが中心です。


広告掲載サイトは下記等があります。

GDNの提携パートナーサイトは、

  • Youtube

  • FC2

  • Livedoor

  • アメーバブログ

  • 食べログ


等です。


特徴としては

  • ・広告を配信したいサイトを指定することができます。

  • ・YDNがすべての広告を均等に配信していくのに対し、
     GDNは、配信オプションがあり「集中化」と「標準」があります。



「集中化」は予算の上限に達するまで、高い頻度で配信していきます。


「標準」はYDNと同じように、1日を通して均等に配信していきます。


「集客を行うタイミング」




これらの広告で、ただ闇雲に集客をしても稼げるというものではありません。
集客にはタイミングがあるのです。


タイミングを知りたい方はこちらをご覧下さい。


「資金を投じて集客をしていくタイミング」とは?


すでにご覧になって、タイミングをご理解して頂いた方は、
集客方法の候補として


PPCのように、経費が掛かり続ける事が無い、
「買い切りタイプ」がありますので、
下記2つを是非参考にしてみて下さい。


「集客ツール」、
1つ目は、Twitter(ツイッター)を利用した
初心者向けの集客ツール「TwitterBrain(ツイッターブレイン)」です。
「買い切りタイプ」なので、買ってしまえばその後はずっと使い続けることが出来ます。
詳しくはこちらをご覧下さい。

「TwitterBrain(ツイッターブレイン)」 レビュー



「SEO対策」
2つ目は、ワードプレスブログテンプレート「賢威6.2」です。
こちらは中級者向けといえます。
尚こちらも「買い切りタイプ」です。
詳しくはこちらをご覧下さい。

「賢威6.2」レビュー



それではまた。


松下。


無料講座


無料講座一覧


関連記事