松下です。

今回は、Youtubeマーケティングツール
「FINAL YOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」のレビューです。

「FINAL YOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」 大田賢二 レビュー


販売会社 株式会社オタケン
販売者   大田賢二


「FINAL YOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」は、

・前編動画(CV獲得用)
・メイン動画
・後編動画(CH登録獲得用)

これらを組み合わせて、
動画生成するツールのようです。


そして、CH(チャンネル)登録から、
オプトイン(リスト収集)をして


そのリストから、
アフィリエイトで稼いでいくというノウハウになります。


ただ、いくら動画を量産したところで、
見られなければ何の意味もないので、


ここで肝になるのは、
その生成した動画に、
どのように誘導するのかということに集約されます。


「FINAL YOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」では、
再生回数を、伸ばせる動画を生成するツールもあるようですが、


ある素材をコピペするだけ。


という、どういうロジックで、
集客できるのか、根拠をまるで明かしていません。


Youtubeで再生回数の多い動画


Youtubeにおいて、再生回数の多い動画というのは、


・興味を引く動画

・面白い動画



というのが大前提ですが、


世間一般の「大多数の人」が、
興味がある・面白い と、
認める動画でなければいけません。


世間一般の大多数の人に
興味があるというは、


今話題の話、
つまり、トレンドということになりますので、


トレンド動画 = 大多数の人に興味がある動画


という解釈ができますので、
トレンド動画を、アップロードすることが出来なければ、
再生回数は伸びない訳です。


そうなると、トレンド動画を、
どうやって探すかということに
集約されるわけですが、


この、「FINAL YOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」では、
肝心なメイン動画は、
自分で作るか、ツールで作るかという選択肢になっているのです。


仮に、自分で動画を作るなら、
世間一般の「大多数の人」が、


興味がある・面白いと、
認める動画でなければいけませんので、


それが出来るのであれば、
情報商材には手は出しません。


となると、
「FINAL YOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」のツールを
使うことになると思うのですが、


ある素材をコピペするだけ。


という、曖昧な表現だけなのです。


「ツール」の本質


ツールはあくまでも、作業を自動化するということですので、
「何を自動化出来るのか」が最大のポイントなるわけです。


ですので、その最大のポイントを、
曖昧な表現をしているということは、
いざ蓋を開けてみたらガッカリするということが多い傾向にありますね。


大田賢二さんの評判を、
ネット検索して頂ければわかりますが、
お世辞にも、良い評判とは言えません。


「ほったらかしで稼げる」
「現金自動印刷機」


大田賢二さんは、
情報弱者が喜びそうな、
こんな文句を並べる販売者ですので、


「稼げます系の情報を売って稼いでいる人」


という位置づけになってしまう訳です。


まぁ、これはあくまで私の見解ですので、
参考程度にしてもらればと思っていますが、


火の無いところには、
煙は立ちませんので、、、


Youtubeで稼ぎたいと思っているあなたへ


そもそもYoutubeは稼げるのか?
そんな素朴な疑問が芽生えてきたのであれば、
是非こちらの記事を読んでみて下さい。


>「YouTubeで生涯稼ぎ続けることは可能か?」


今回は、
「FINAL YOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」 
株式会社オタケン 大田賢二 さんのレビューでした。


それではまた。


松下。


無料講座 一覧


私、松下のブログ・メルマガでは、
ネットビジネス講座を”無料で”公開していますので、
参考程度にでもご覧頂ければ幸いです。

アフィリエイト講座一覧

コピーライティング講座一覧

ネットビジネス総合講座一覧

松下賢治へのお問合せ


・情報商材のレビュー依頼
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


>松下へお問合せする


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。


松下流“無料メルマガ講座”


私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
惜しみなくお送りするメールマガジン。

松下流“無料メルマガ講座”はこちら。(160329)



関連記事