松下です。


やはり、私の予想通り、
仮想通貨を利用した情報商材が出てきましたね。


>以前書いた仮想通貨の記事はこちら


それが泉忠司さんの、
「6000兆円プロジェクト」です。


では早速レビューしていきたいと思います。


「6000兆円プロジェクト」 レビュー


情報提供者 泉忠司


泉忠司さんの、

この「6000兆円プロジェクト」は、


「ノアコイン」という仮想通貨が今後高騰するので、
買うべきだということを主張しており、


「ノアコイン」が欲しければ、
6万円のDVDセットを購入することを勧め、
購入すれば「ノアコイン」の優先販売権を付与するという内容になっています。


そして、
私から6万円のDVDセットを買わないと、
「ノアコイン」は手に入りません。


というやり口で、
商材購入を勧めているわけですね。


さらに、
購入者へはアフィリリンクを発行するので、
紹介者を出せば、
2割りの報酬支払うという始末。


もしも「ノアコイン 」が高騰するなら、
こんな回りくどいことをせずに、
泉忠司さんが買い占めれば、
そのまま稼げるのにも関わらず、


こんなDVDを売るようなことで、
稼ごうとしていることに疑問が芽生えましたね。


ノアコインは使われない?


フィリピンの貧困層は、
他国に出稼ぎにいくことが多いわけですが、


他国で稼いだそのお金を、
フィリピンに送る際、
手数料が高いことが悩みの種となっていました。



そこで、
他国間の送金手数料を安く済ませようと、
作られたのが「ノアコイン」なのです。


ここまでのお話を聞くと、

「ノアコイン素晴らしいじゃん!」

となりますが、
実際はそうはいかないのです。


下記は、
フィリピン政府の言葉を引用したものです。

フィリピン中央銀行によりますと、
中央銀行は、

ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、

ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、

ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。

( 引用元:フィリピン政府HP)



要するに、

フィリピン政府は「ノアコイン」を認可していない

というわけなのです。


つまり、
フィリピンでノアコインが使われない以上、高騰する理由がなくなった
というわけですね。


以上のことから、
泉忠司さんの、
「6000兆円プロジェクト」も、
リスクが大きい投資のように思えます。


まあ、実際どうなるかはわかりませんが、
私なら止めておきますね。


どうせ、「ノアコイン」は別の場所でも買えるようになるかと思いますので、
そうなった時でも遅くはないかと思います。


6万円のDVDを買うくらいなら、
もう少し様子を見て判断することをお勧めします。


今回は、
泉忠司さんの、
「6000兆円プロジェクト」のレビューでした。


それではまた。


松下


ネットで稼ぎたいが何をしたら良いのか分からないあなたへ


・チマチマしたブログなんてやりたくない
・文章なんて書けない
・転売なんて面倒だ
・とにかく即金性の高いビジネスが良い
・根気はあるから収益率の高いビジネスがしたい


などの悩みや願望は、
人それぞれだと思います。


ですので、
そんなそれぞれの悩みを解決出来るビジネスを、
一覧でまとめましたので、


是非こちらの記事を読んで見て下さい。
きっとあなたに合ったビジネスが見つかりますよ。


>あなたに合ったビジネスはどれ?特徴別ビジネス一覧


松下賢治へのお問合せ


・情報商材のレビュー依頼
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


>松下へお問合せする


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。