松下です。

なにやら怪しげなオファーが広まっている模様ですので、
早速取り上げてみたいと思います。


「総額300万円のビットコインをプレゼント」レビュー


情報提供者 長谷川聖人


北岡大樹さんが何やら怪しげなオファーを紹介していました。


それが、
長谷川聖人さんの「総額300万円のビットコインをプレゼント」というオファーです。


仮想通貨元年と言われている2017年ですので、
やはりこういった仮想通貨を使ったオファーが目立ってきましたね。


たしかに、ビットコインは一昔前まで、

1ビット=100円

くらいで買えた時期があり、
その時に買った人は大金を手に入れたのは事実です。


ですが、
その後のマウントゴックス(ビットコイン交換所)にて、
多額のビットコインが消失したことで破たんとなり、


その時ビットコインを所有していた方々は、

一晩でにビットコインが消えて無くなった

わけです。


つまり、形のない「仮想通貨」には、
そういったリスクもあるというわけです。


しかも、今現在で、

1ビット = 約26万円前後

ですので、
これ以上上がるというのは、
ほぼほぼ期待できないと思いますね。


あと、これは私の勝手な見解ですが、
ビジネスじゃないと思ったわけです。


仮想通貨への投資はビジネスではない!?


私が思うビジネスというのは、


自分の意思で判断して”舵(かじ)”をきっていく

ものだと思っています。


つまり、
ビットコインやイーサリアム・リップルと色々な仮想通貨がありますが、

全てにおいて”自分では価格上昇させることは出来ない”

ものになります。


要するに、
運任せの要素が強いんですよね。


FXであれば、
価格が下落することが予想できた場合、
”売りから入る”ということも出来ますので、


その点は、
まだビジネスの要素があるかと思いますが。。。
(リスクが大きいのでお勧めはしませんが)


それに、
レバレッジが効かないというのもネック
になります。


レバレッジとは、
分かりやすくいうと倍率という意味です。


私のビジネスは、
1人に話そうが、
1000人に話そうが、
100万人に話そうが労力は変わりません。


つまり、
あなたに対して向けるこの記事も、
何千人・何万人にも見て貰えるわけです。


これって、
レバレッジがすごくないですか?


ちなみに、
私はメールマガジンもやっていますが、


1人にメールを送るのも、
100万人にメールを送るのも、
メルマガ送信はクリック数回ですので、
労力はまったく同じなんです。




ですので、
もしもあなたがビジネスをこれから始めたいのであれば、
レバレッジが効くことを前提として、


・利益率の高いビジネス
・在庫を持たないビジネス
・定期的に一定額の収入が入ってくるビジネス
・資本ゼロあるいは小資本で始められるビジネス



であることをお勧めします。


初心者でも淡々と“報酬が積み上がり続ける”ビジネス


・毎日記事を書かなくてはいけないトレンドアフィリエイトなんて嫌だ
・仕入れが必要で利益率の薄いチマチマした転売なんてやりたくない
・今までネットビジネスで1円も稼いだことが無いから月に数万円でも良いから稼いでみたい
・とにかくすぐに稼げるビジネスがしたい



私のブログに辿り着いたということは、
これらに近い悩みや願望があるのだと思います。


今までアフィリエイトをやっていたが一向に稼げなかった方や、
情報商材を買いあさったが全然再現出来なかった方。


「転売なら出来るかも」と、
Amazonで転売してみたものの、
ライバルが多すぎて全然売れない。


しかも、
利益が薄い。。。


私が思うに、
ネットビジネス初心者の方や、
今までに1円すら稼ぐことが出来なかった方は、、

”すぐに目に見えて成果が出るビジネス”
”すぐさま報酬に繋がるビジネス”


これらに重点をおいたビジネスの方が、
続けやすく成果も出しやすいです。


ハードルが低いと言われているトレンドアフィリエイトよりも、
ハードルが低く、

一般的な転売ビジネスよりも、
利益率が高い。



そんなビジネスをご紹介します。


・ネットビジネスで1円も稼げたことがない

・とにかく即金性の高い稼ぎ方を知りたい

・お金をほぼ掛けずにリスクなく稼ぎたい

・卑怯者と言われようがとにかく稼ぎたい



そんなあなたのための取っておきのビジネスです。


>「ネットビジネス初心者に一番お勧めしたいビジネス」




今回は、長谷川聖人さんの、
「総額300万円のビットコインをプレゼント」のレビューでした。


それではまた。


松下



>無料ネットビジネス講座
(こちらのブログでは“メルマガ登録フォーム”もあります)


>松下へのお問合せはこちら

スポンサーサイト