松下です。

インフォトップにて、
マインドセット系の教材が売れている模様ですので、
私なりの見解を述べていきたいと思います。


「MBC(マインドブートキャンプ)」 河村俊介(かぼちゃ) レビュー


販売会社 株式会社インフォブレイク
情報提供者 河村俊介(かぼちゃ)


私はビジネスにおいて、
マインドセットである
「行動意欲」は少なからず重要だと考えています。
(無理やりテンションを上げるようなやり方は論外ですが、、、)


ただ、

どんな「意欲」を持って行動するべきなのか?
どんな「思考」で行動するべきなのか?


という答えは、
人それぞれであり、
合う合わないは必ずあるものです。


ですので、
「MBC(マインドブートキャンプ)」
のようなマインドセット系の教材は、
結局のところ、
否定も肯定も出来ないというのが私の答えです。


ですが、
マインドセット云々というより、
河村俊介(かぼちゃ)さんが以前に販売している商材は、
私としてはお勧め出来るようなものではなかったため、


今回の
「MBC(マインドブートキャンプ)」の目的は、
この後のバックエンドや、
以前販売した商材を売り込むための、
「教育」をするのではないか?
という疑念が浮かびました。


「MBC(マインドブートキャンプ)」は商材を売り込むための「教育」なのか?


私がそう思ったのは、
セールスレターのコンテンツ紹介読んだのがきっかけでした。

4、教材や高額塾に入った時どのように学べば成果を出しやすくなるか

「教材や高額塾に入った時どのように学べば成果を出しやすくなるか」
という質問は、メルマガなどでそれなりにいただくのですが
ほとんどの方が教材や塾の活用方法を教えられていないな、と感じています。

もちろん、
ノウハウやテクニックの活用方法を教えてくれる人はいますが
教材そのものの活用方法や塾そのものの活用方法は教えてくれません。
(といいますか、明確に知っている人もいないのでしょう。)

よく

「成果が出せるようになった人が
他のジャンルの教材などを買ってもすぐに成果が出せる」

と言われていますが、まさにそのとおりなのです。
なぜかというと、成果が出せる人は
どのように教材や塾を活用すればいいのかを、意識的あるいは、無意識におさえているからです。

なのでここでは、
今まで買ってきたもの、これから買っていく教材や塾をどのように
活用すべきかを解説していきます。
( 引用元:「MBC(マインドブートキャンプ)」 セールスレターより )


「教材や高額塾に入った時どのように学べば成果を出しやすくなるか」
このコンテンツで、河村俊介(かぼちゃ)さんの販売する商材や、
高額塾に誘導しやすくするのではないか?


そんな気がしたのです。


もう、コンテンツの内容があからさまでしたので、
これはほぼ間違い無いと思いますね。


稼ぐために必要なこと


アフィリエイトにせよ、
アドセンスにせよ、
「文章を必要とするビジネス」である以上、
マインドセットだけ頼りないです。


なぜなら、
ネットビジネスは文章を主体としたビジネスだからです。


動画にせよ、
結局は文章から誘導するわけですし、
トレンドアフィリエイトや、
私のやっている情報商材アフィリエイトも、
文章が主体なのです。


ですので、
もしも、あなたがネットビジネスに興味を持っているなら、
まず最初に「稼げる文章スキル」を身に付けるべきなのです。


私も文章スキルである、
「コピーライティング」から学びましたので、
稼いでいるアフィリエイターは誰もが「コピーライティング」を学んでいると言えます。


もしも、コピーライティングの重要性をもっと知りたいのであれば、
こちらの記事が参考になりますので、
是非読んでおいて下さい。


>「コピーライティングの重要性」


今回は、河村俊介(かぼちゃ)さんの
「MBC(マインドブートキャンプ)」レビューでした。


それではまた。


松下。


無料講座 一覧


私、松下のブログ・メルマガでは、
ネットビジネス講座を”無料で”公開していますので、
参考程度にでもご覧頂ければ幸いです。

アフィリエイト講座一覧

コピーライティング講座一覧

ネットビジネス総合講座一覧

松下賢治へのお問合せ


・情報商材のレビュー依頼
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。


>松下へお問合せする

松下流“無料メルマガ講座”


私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
惜しみなくお送りするメールマガジン。

松下流“無料メルマガ講座”はこちら。(161227)