松下です。


吉村啓志事務所やパンダ(渡辺雅典)さんが、
しきりにプロモーションを掛けていますね。


それがこちらの
「仮想通貨大百科プロジェクト」
です


では早速レビューしていきましょう。


「仮想通貨大百科プロジェクト」レビュー


情報提供者 松本敏彦(太陽)


松本敏彦(太陽)さんは以前に、
こういったオファー出していた人です。


「日利1%稼げる」
その名も「D9Club(D9クラブ)」


で、その中身はというと、
ブックメーカーを使ったネットワークビジネスなんですよね。



ブックメーカーとは、
イギリスやジブラルタルが公認している、

政府公認ギャンブルサイト

です。


主に、
スポーツの勝敗を予想するギャンブルですね。

bet365
W88
10Bet
188BET
NetBet
ウィリアムヒルスポーツ
ピナクルスポーツ
SBOBET
マラソンベット


などなど、
数多くのサイトが存在しているわけですが、


内容がギャンブルである以上、
元本割れ(損失を出す)というリスクがあるわけですので、
当然私はお勧めしていません。


「D9Club(D9クラブ)」は、
そんなブックメーカーを利用したネットワークビジネスであり、
福岡の方では今でもごく一部の学生がいまだに勧誘をしている模様です。



「D9Club(D9クラブ)」は、
あまりにも高利回りなわけですが、

「日利1%」

って具合的にイメージできますか??


例えば、
1万円を日利1%で運用するとなると、

30日で13466円になります。

つまり、
1.3466倍ですね。


これ、
どれだけ凄い事かわかりますよね?


どんなに利率が良い、
例えば米ドル(外国為替)なんかでも、
年利3%~5%を推移しています。

でもこれ年利ですからね。


松本敏彦(太陽)さんの「D9Club(D9クラブ)」
は日利が1%ですので、


つまり、
年利365%になるわけです(笑)


考えたらあり得ないことが分かりますよね?



これを踏まえて、
今回の「仮想通貨大百科プロジェクト」を見ていきましょうか。


「仮想通貨大百科プロジェクト」が危険過ぎる理由


大前提として、


それで儲かるなら、
自分達だけでやって稼げばいいんじゃないの?


って思いますね。


わざわざ人を集めて、
儲かる投資話を持ち掛けるという労力は、


本当にそれで儲けているなら、
必要のない労力だと思います。


もしも本当に稼げているならですが。


つまり、

投資話も持ち掛けて主催者側が得られるメリット

を考えれば、


投資者を募って稼ごうとしている


という背景が自ずと見えてくるわけです。


松本敏彦(太陽)さんは、
”稼げる商法”で稼ごうとしている



と私なら思います。


この世の中に楽して稼げるビジネスはありませんが、
後々楽出来るビジネスというのはあります。


もしも興味があれば、
こちらの記事を読んでみて下さい。


初心者でも淡々と“報酬が積み上がり続ける”ビジネス


・毎日記事を書かなくてはいけないトレンドアフィリエイトなんて嫌だ
・仕入れが必要で利益率の薄いチマチマした転売なんてやりたくない
・今までネットビジネスで1円も稼いだことが無いから月に数万円でも良いから稼いでみたい
・とにかくすぐに稼げるビジネスがしたい



私のブログに辿り着いたということは、
これらに近い悩みや願望があるのだと思います。


今までアフィリエイトをやっていたが一向に稼げなかった方や、
情報商材を買いあさったが全然再現出来なかった方。


「転売なら出来るかも」と、
Amazonで転売してみたものの、
ライバルが多すぎて全然売れない。


しかも、
利益が薄い。。。


私が思うに、
ネットビジネス初心者の方や、
今までに1円すら稼ぐことが出来なかった方は、、

”すぐに目に見えて成果が出るビジネス”
”すぐさま報酬に繋がるビジネス”


これらに重点をおいたビジネスの方が、
続けやすく成果も出しやすいです。


ハードルが低いと言われているトレンドアフィリエイトよりも、
ハードルが低く、

一般的な転売ビジネスよりも、
利益率が高い。



そんなビジネスをご紹介します。


・ネットビジネスで1円も稼げたことがない

・とにかく即金性の高い稼ぎ方を知りたい

・お金をほぼ掛けずにリスクなく稼ぎたい

・卑怯者と言われようがとにかく稼ぎたい



そんなあなたのための取っておきのビジネスです。


>「ネットビジネス初心者に一番お勧めしたいビジネス」




今回は、
松本敏彦(太陽)さんの「仮想通貨大百科プロジェクト」のレビューでした。


それではまた。


松下


>無料ネットビジネス講座
(こちらのブログでは“メルマガ登録フォーム”もあります)


>松下へのお問合せはこちら