松下です。

今回は、トレンドアフィリエイトについです。

トレンドアフィリエイトとは?


トレンドアフィリエイトとは、
一般的なアフィリエイトのように
ジャンルを定めること無く、


様々なジャンルの記事を書いていき
アフィリエイトする手法です。


例えば、
芸能関係や、スポーツ、映画、音楽などの
記事を書いてブログに呼び込み、


ブログには広告を張り付け、
そこからのクリック報酬を狙います。


その書いていく記事が、
今流行りのネタなため、


流行 = トレンド

ということで、
トレンドアフィリエイトと呼ばれているわけですね。


結局、トレンドアフィリエイトで稼げるの?


気になるのは、それで稼げるのか?
ということだと思いますので、


私の個人的な意見を、
述べたいと思います。


そもそも、「稼げる」という言葉の定義にもよりますが、


仮に、アフィリエイト報酬が月20万円だったとして、
その金額で、十分稼いでいると思ったのであれば、


今の段階では、
トレンドアフィリエイトは「稼げる」という
認識で構わないと思います。


ただ、私は、
トレンドアフィリエイトの
収入には、頭打ちがあるのと思うのです。


では、なぜ頭打ちするのか
根拠をお話ししていきましょう。


トレンドアフィリエイトが頭打ちするという根拠


例えば、平均月間10万PVのサイトを運営していたとします。


トレンドアフィリエイトの
平均クリック率は、1%ですので、
10万PVだと、1000人となり、


Googleアドセンスの
広告収入の平均が30円ですので、


報酬は3万円になります。


毎日記事を書いていく事を考えると、
サイトを量産できても、
せいぜい6サイトぐらいでしょう。


それでも、毎日6記事書く事になります。


3万円×6サイト=18万円


単純計算ですが、
例え、月間10万PVのサイトが、
6サイトあったとしても、
18万円という、


20万前後の収入にしかならないのです。


じゃあPV数を増やせばいいのでは?
となりそうですが、


個人ブログで月間10万PVという数字は、
そうそう出せるものではありません。


なぜなら、個人ブログの平均月間50PV以上のブログは、
全体の3割ほどしかないと言われ、


それ以上のPV数は、
全体の3%しかないからです。


以上のことから、
月間10万PVのサイトを量産するということは、
容易なことでは無いことがわかります。


ですので、量産にも限界がありますし、
そもそも、労力に対しての対価としては、
私は旨味が無いと思うわけで、
「稼げない」と結論付けたわけです。


トレンドアフィリエイトは、
どうしても非効率に思えてしまい、


情報商材のアフィリエイトであれば、
青天井ですし、何よりも書いた記事が無駄になりません。


トレンドアフィリイトでは、流行りの過ぎた記事には、
集客効果はありませんので、


毎日やり続けなければならない訳です。


その点、情報商材のアフィリエイトなら、
レビューした商材が、ランキング入りするたびに
そこから集客を見込めますので、
書けば書くほど、集客率が上がるという仕組みです。


情報商材アフィリエイトの仕組みに付いては、
こちらの記事で詳しくお話ししていますので、
是非ご覧になって下さい。


>何故、情報商材アフィリエイトは効率が良いと言えるのか?


今回は、トレンドアフィリエイトについてでした。


それではまた。


松下。


無料講座 一覧


私、松下のブログ・メルマガでは、
ネットビジネス講座を”無料で”公開していますので、
参考程度にでもご覧頂ければ幸いです。

アフィリエイト講座一覧

コピーライティング講座一覧

ネットビジネス総合講座一覧

松下賢治へのお問合せ


・情報商材のレビュー依頼
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
どんな些細な事でも、
お気軽にお問合せ下さい。


>松下へお問合せする


ご依頼があれば、
"販売者の愛犬の名前"まで、
徹底的に調べ上げますので。


松下流“無料メルマガ講座”


私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
惜しみなくお送りするメールマガジン。

松下流“無料メルマガ講座”はこちら。(160222)